すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

Create a scheduled task

最終更新日: Mar 18, 2020

説明

この操作では、入力パラメーターに基づいてスケジュール済みタスクを作成します。

  • 最大 20 個のスケジュール済みタスクを作成できます。
  • スケーリンググループのスケーリングアクティビティが進行中、またはスケーリンググループが無効であることが原因で、スケジュール済みタスクのトリガーが失敗した場合は、LaunchExpirationTime 内に自動的に再試行されます。それ以外の場合、スケジュール済みトリガータスクは破棄されます。
  • 同じグループのルールを実行する複数のタスクをほぼ同じ時刻にスケジュールした場合は、最も早いタスクが最初にスケーリングアクティビティをトリガーし、他のタスクはその開始有効期限内にルールの実行を試みます。これは、スケーリンググループでは、スケーリングアクティビティが一度に 1 つしか実行されないためです。スケーリングアクティビティが完了しても、依然として別のスケジュール済みタスクがその開始有効期限内にトリガーを試みている場合は、スケーリングルールが実行され、対応するスケーリングアクティビティがトリガーされます。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい 操作インターフェイス名、必須パラメーター。値: CreateScheduledTask。
RegionId String はい スケジュール済みタスクが存在するリージョンの ID。
ScheduledAction String はい スケジュール済みタスクがトリガーされたときに実行される操作。スケーリングルールの一意の ID を入力します。
LaunchTime String はい スケジュール済みタスクをトリガーする日時。
日付形式は ISO8601 標準、UTC 時刻を使用。YYYY-MM-DDThh:mmZ の形式。
RecurrenceType を指定した場合、この属性で指定した日時が、サイクルが実行されるデフォルトの日時になります。RecurrenceType を指定しなかった場合、タスクは指定された日時に一度だけ実行されます。
作成または変更から 90 日以降の日時を入力することはできません。
ScheduledTaskName String いいえ スケジュール済みタスクの表示名。2 ~ 40 文字で指定する必要があります (英語または中国語)。この名前は、数字、大文字/小文字の英字、または漢字で始まる必要があり、”_”、”-“、”.” を使用できます。
アカウント名は、同じリージョン内で一意です。
このパラメーターを指定しない場合は、デフォルト値の ScheduledScalingTaskId が使用されます。
Description String いいえ スケジュール済みタスクの説明。2 ~ 200 文字で指定する必要があります (英語または中国語)。
LaunchExpirationTime Integer いいえ スケジュール済みタスクが失敗した場合は、この期間内で再試行されます。
デフォルト値は 600 秒です。
値範囲: [0, 21600]
RecurrenceType String いいえ 反復するスケジュール済みタスクのタイプ。オプション値:
Daily: スケジュール済みタスクの日単位の反復間隔。
Weekly: スケジュール済みタスクの週単位の反復間隔。
Monthly: スケジュール済みタスクの月単位の反復間隔。
RecurrenceType、RecurrenceValue、および RecurrenceEndTime を指定する必要があります。
RecurrenceValue String いいえ 反復するスケジュール済みタスクの値。
Daily: [1,31] の範囲で 1 つの値のみを入力できます。
Weekly: 複数の値を入力できます。日曜日~土曜日の値は、順番に 0 ~ 6 です。複数の値を指定するときは、カンマ “,” で区切る必要があります。
Monthly: A-B の形式で指定します。A と B の値の範囲は 1 ~ 31 で、B の値は A の値より大きくする必要があります。
RecurrenceType、RecurrenceValue、および RecurrenceEndTime を指定する必要があります。
RecurrenceEndTime String いいえ 反復するスケジュール済みタスクの終了日時。
日付形式は ISO8601 標準、UTC 時刻を使用。YYYY-MM-DDThh:mmZ の形式。
作成または変更から 90 日以降の日時を入力することはできません。
RecurrenceType、RecurrenceValue、および RecurrenceEndTime を指定する必要があります。
TaskEnabled Bool いいえ スケジュール済みタスクを有効にするかどうかを指定します。
このパラメーターを true に設定すると、タスクが有効になります。
このパラメーターを false に設定すると、タスクが無効になります。
デフォルト値は true です。

リターンパラメーター

名前 説明
ScheduledTaskId String スケジュール済みタスクの ID。システムによって生成され、グローバルに一意です。

エラーコード

すべてのインターフェイスに共通のエラーについては、「エラーコード表」のクライアントエラー または サーバエラーを参照してください。

エラー エラーコード 説明 HTTP ステータスコード
指定したリージョンが存在しません。 InvalidRegionId.NotFound 指定したリージョンが存在しません。 404
このスケジュール済みタスク名は既に存在します。 InvalidScheduledTaskName.Duplicate 指定したパラメーター <parameter name> の値が重複しています。 400
指定したスケジュール済みアクションと指定したスケジュール済みタスクが同じリージョンにありません。 ScheduledAction.RegionMismatch 指定したスケジュール済みタスクと指定したスケジュール済みアクションが同じリージョンにありません。 400
スケジュール済みタスクのクォータを超過しています。 QuotaExceeded.ScheduledTask スケジュール済みタスクのクォータを超過しています。 400

リクエストの例

  1. http://ess.aliyuncs.com/?Action=CreateScheduledTask
  2. &RegionId=cn-qingdao
  3. &LaunchTime=2014-08-17T16:52Z
  4. &RecurrenceType=Daily
  5. &RecurrenceValue=1
  6. &RecurrenceEndTime=2014-08-17T16:55Z
  7. &ScheduledAction=ari:acs:ess:cn-qingdao:1344371:scalingRule/cCBpdYdQuBe2cUxOdu6piOk
  8. &<Public Request Parameters>

戻り値の例

XML の例

  1. <CreateScheduledTaskResponse>
  2. <ScheduledTaskId>edRtShc57WGXdt8TlPbrjsnV</ScheduledTaskId>
  3. <RequestId>0F02D931-2B12-44D7-A0E9-39925C13D15E</RequestId>
  4. </CreateScheduledTaskResponse>

JSON 形式

  1. "RequestId": "04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368",
  2. "ScheduledTaskId": "edRtShc57WGXdt8TlPbrjsnV"