すべてのプロダクト
Search
ドキュメントセンター

プロセスの概要

最終更新日: Mar 18, 2020

この例では、時刻指定、動的、カスタム、および固定モードのスケーリングソリューションを含めて、OpenAPI を使用してスケーリングソリューション全体の作成と設定を行う方法を説明します。

完全な Auto Scaling ソリューションを作成するには、次の図に示すステップを実行する必要があります (最初の 3 つのステップは簡単なスケーリングソリューションを作成するために使用します)。

Processing introduction

  1. スケーリンググループを作成します。スケーリング用の ECS インスタンスの最小数 (MinSize) と最大数 (MaxSize) を設定し、関連する Server Load Balancer および RDS インスタンスを選択します。

  2. スケーリング設定を作成します。イメージ ID やインスタンスタイプなど、Auto Scaling の ECS インスタンスの属性を指定します。

  3. ステップ 2 で作成したスケーリング設定を使用してスケーリンググループを有効化します。

  4. スケーリングルールを作成します。たとえば、”ECS インスタンスを n 個追加する” などです。

  5. スケジュール済みタスクを作成します。たとえば、”ステップ 4 で作成したスケーリングルールを午前 12 時にトリガーする” などです。

  6. アラームタスク (CloudMonitor API PutAlarmRule) を作成します。たとえば、”CPU 使用率が 80% 以上のときに ECS インスタンスを 1 個追加する” などです。