Log Service コンソールでアラート取り込みサービスおよびアラート取り込みアプリケーションを作成することにより、アラート取り込み用の Webhook URL を設定できます。 設定後、外部のモニタリングシステムからアラートを受信できます。

手順 1: アラート取り込みサービスとアラート取り込みアプリケーションの作成

  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. [アラートの取り込み] ページに移動します。
    1. [プロジェクト] セクションで、プロジェクトをクリックします。
    2. 左側のナビゲーションペインで、[アラート] をクリックします。
    3. [アラートセンターを開く] をクリックして、[アラートの管理] > [アラートの取り込み] を選択します。
  3. アラート取り込みサービスを作成します。
    1. [作成] をクリックします。
    2. [サービスの追加] ダイアログボックスでサービスの ID および名前を指定し、[保存] をクリックします。
  4. アラート取り込みアプリケーションを作成します。
    1. サービスの [操作] 列で、[アプリケーション] をクリックします。
    2. [アプリケーションの管理] ダイアログボックスで、[作成] をクリックします。
    3. [アプリケーションの追加] ダイアログボックスで必要なパラメーターを設定し、[保存] をクリックします。 下表にパラメーターを示します。
      パラメーター 説明
      ID アラート取り込みアプリケーションの ID を設定します。
      名前 アラート取り込みアプリケーションの名前を設定します。
      プロトコルの検証
      プロトコル アラートの形式を設定します。 設定可能な値は以下のとおりです。
      • Prometheus のアラート:Prometheus のアラートを受信します。
      • Grafana のアラート:Grafana のアラートを受信します。
      アラートポリシー アラートの統合、停止、および抑制に使用するアラートポリシーを設定します。 詳細については、「アラート管理の概要」をご参照ください。
      アクションポリシー アラートの通知方法およびアラート通知の送信頻度を管理するために使用するアクションポリシーを設定します。 詳細については、「アクションポリシーの作成」をご参照ください。
      このパラメーターは、 [アクションポリシー] セクションで [シンプルモード] または [標準モード] を選択した場合、またはアラートポリシーの作成時に [アクションポリシー] パラメーターに [sls.builtin.dynamic] を選択した場合のみ有効です。 詳細については、「 動的アクションポリシー」をご参照ください。
      サイクル 指定されたサイクル内で重複するアラートがトリガーされた場合、選択されたアクションポリシーは一度だけ実行され、アラート通知は 1 つだけ送信されます。
      ホワイトリスト このスイッチをオンにする場合は、AccessKey ID を追加する必要があります。 AccessKey ID は、アクセスポートへのパスの一部です。 Webhook URL に有効な AccessKey ID が設定されている場合のみアラートへのアクセスに使用できます。
      たとえば、AccessKey ID を AEDC****ERT に設定し、Prometheus の path_prefix パラメーターで {ACCESS_KEY_ID} 変数を AEDC****ERT に設定します。 この場合、関連するアラートを Log Service のアラートシステムに取り込むことができます。
      重要 AccessKey ペアが属する RAM ユーザーに、AliyunLogOpenEventWrite 権限を付与する必要があります。 詳細については、「 付録: AccessKey ID の取得」をご参照ください。
      フィルター
      キーワードでフィルタリング アラート取り込みシステムは、1 つ以上の指定されたキーワードを含むアラートのみを取り込みます。
      エンリッチメント
      ラベルを追加 アラートにラベルを付加します。 ラベルの形式は、キーと値のペアです。 たとえば、ラベルのキーを [環境] に、関連する値を[ステージング環境] に設定します。 詳細については、「ラベル」をご参照ください。
      注釈を追加 アラートに注釈を付加します。 注釈の形式は、キーと値のペアです。 たとえば、注釈のキーを [タイトル] に、関連する値を [Prometheus のアラート] に設定します。 詳細については、「注釈」をご参照ください。
      重要 [注釈の追加] パラメーターを設定すると、アラートテンプレート変数を参照できません。
      クォータ
      ピークリクエスト 1 分間に受信する通知の最大件数を設定します。 しきい値を超えると、アラートを取り込むことができなくなります。 設定可能な値は、 100 ~ 10000 です。 単位は リクエスト/分です。

手順 2: Webhook URL の取得

Prometheus または Grafana で必要なパラメーターを設定する際、関連する Webhook URL を使用する必要があります。

  1. [アプリケーションの管理] ダイアログボックスで、アラート取り込みアプリケーションの [Webhook URL] をクリックします。
  2. [Webhook URL] ダイアログボックスで、アラートを取り込むリージョンを選択します。
    Prometheus または Grafana サーバーが ECS インスタンスにデプロイされている場合は ECS インスタンスが配置されているリージョンを選択し、関連する LAN または VPC Webhook URL を使用することを推奨します。 リージョンのインターネット Webhook URL を使用することもできます。
  3. テキストボックスの横の空白の領域にポインタを移動し、Webhook URL の完全な URL、ドメイン名、またはサブパスをコピーします。

    Webhook URL の {ACCESS_KEY_ID} 変数を、必要な権限が付与されている AccessKey ID に置き換えます。 AccessKey ID の取得方法については、「付録: AccessKey ID の取得」をご参照ください。

    Webhook URL

付録: AccessKey ID の取得

ご利用中の Alibaba Cloud アカウントのセキュリティを確保するため、Alibaba Cloud アカウントではなく RAM ユーザーを使用してアラートを取り込むことを推奨します。 アラートの取り込みに使用する RAM ユーザーには、AliyunLogPutOpenEventPolicy 権限を付与する必要があります。 AccessKey ID を取得するには、以下の手順を実行します。

  1. RAM ユーザーを作成します。 詳細については、「RAM ユーザーの作成」をご参照ください。
  2. RAM ユーザーに AliyunLogPutOpenEventPolicy 権限を付与します。 詳細については、「RAM ユーザーへの権限付与」をご参照ください。
  3. RAM ユーザー用に AccessKey ID が設定された AccessKey ペアを作成します。 詳細については、「RAM ユーザーの Access Key の作成」をご参照ください。

次のタスク