アラートインシデントのハンドラーを設定できます。 また、デフォルトのインシデントハンドラーを設定することもできます。 アラートがトリガーされると、デフォルトハンドラーがシステムによって自動的に設定されます。

デフォルトインシデントハンドラーの設定

デフォルトハンドラーを指定すると、ハンドラーは以下のいずれかの条件に自動的に設定されます。

  • アラートが初めてトリガーされた。
  • アラートが解決または無視された後、同じアラートモニタリングルールによって別のアラートがトリガーされた。
デフォルトインシデントハンドラーの設定

アクションポリシーの作成時、通知方法として DingTalk を選択し、自動ディスパッチをオンにします。 次にグループを選択し、順序パラメーターをランダムに設定します。 詳細については、「 アクションポリシーの作成」をご参照ください。 デフォルトインシデントハンドラーの設定