収集プロセス中にデータの欠損が発生した場合、Log Service はデータを収集できません。 この問題を検出して防止するために、データなしアラート機能を使用できます。

たとえば、アラートモニタリングルールは、各ホストのCPUメトリクスをモニタリングするために作成されます。 以下の条件が満たされると、アラートがトリガーされ、アラート通知が送信されます。
  • ホストの CPU 使用率が 95% を上回った。
  • クエリ結果にデータが存在しない。
以下のパラメーターを指定します。
  • クエリ統計: 「select promql_query_range('cpu_util') from metrics limit 1000」と入力します。

    このクエリ文を使用して、各ホストの CPU 使用率を計算します。

  • トリガー条件[データが式に一致] を選択し、「 value > 95」と入力します。

    value フィールドの値が 95 を超えた場合、アラートがトリガーされます。

  • 連続トリガーのしきい値: 連続トリガーの数が指定されたしきい値に達すると、アラートがトリガーされます。
  • データなしアラート [データなしアラート]スイッチをオンにし、重大度パラメーターおよび注釈の追加パラメーターを設定します。

    クエリに対してデータが返されない場合、アラートがトリガーされます。 データなしアラート機能を有効化すると、連続トリガーの数が指定された連続トリガーのしきい値を超えた場合にのみアラートがトリガーされます。

    重大度パラメーターおよび注釈の追加パラメーターを設定できます。

データなしアラート