アラートモニタリングルールを設定する際、[動的アクションポリシー] を選択してアクションポリシーを指定すると、指定されたアクションポリシーは動的アクションポリシーになります。 このトピックでは、動的アクションポリシーの動作について説明します。

アラート通知を送信するためのアクションポリシーを指定できます。 アクションポリシーの設定は、[アクションポリシー] タブで表示および変更できます。 アラートモニタリングルールを作成する際、アクションポリシーを設定することもできます。

アラートモニタリングルールを作成する際、[アラートポリシー] セクションで [詳細設定]を有効化しないでください。 [アクションポリシー][sls.builtin.dynamic] を選択し、アラート通知の送信方法を指定します。

例として、2 つのサンプルアラートモニタリングルールを作成します。
  • アラートモニタリングルール 1

    グループ評価機能が有効です。 [アラートポリシー] セクションの [詳細設定] 機能は無効、[アクションポリシー] パラメーターの値はアクションポリシー 1 です。

  • アラートモニタリングルール 2

    グループ評価機能が無効です。 [アラートポリシー] セクションの [詳細設定] 機能は無効、[アクションポリシー] パラメーターの値はアクションポリシー 2 です。

アラートがトリガーされると、指定されたアクションポリシーに基づいてアラート通知が送信されます。 動的アクション