アラート管理システムは、ノイズ除去ポリシーとアラートステータスを管理するために使用されるサブシステムです。

実装

アラートは、アラートモニタリングシステムからアラート管理システムに送信されます。 アラート管理システムは、アラートポリシーに基づいてアラートの停止、抑制、重複除去を行います。 処理されたアラートは、通知管理システムに送信されます。 アラート管理システムでは、アラートインシデントを管理します。 アラート管理システムは、アラートリンクセンターやモニタリングルールセンターなどのダッシュボードも備えています。

下図に、アラート管理システムのアーキテクチャを示します。 アラートの管理

アラートポリシー

アラートポリシーは、アラート管理システムの設定エンティティです。 アラート管理システムがアラート (回復通知を含む) を受信すると、システムはアラートポリシーに基づいてアラートのノイズを除去します。

アラートポリシー
  • アラートの統合
    類似の属性を持つアラートはグループ化できます。 グループかによりアラートストームを防止し、アラートを管理して統一された方法で以降の操作を実行できます。 詳細については、「 アラートの統合」をご参照ください。 アラートのグループ化
  • アラートの抑制
    アラートモニタリングルールによって複数のアラートがトリガーされる場合、アラート通知を抑制することができます。 たとえば、ネットワークの例外により、リクエストの遅延拡大、コアリンクサービスの例外、その他のサービスの例外などのサービス異常が発生する場合があります。 このような場合、重要なアラート通知のみ受信したい場合があります。 すべてのアラート通知を一度に受信しないよう、アラートを抑制することができます。 詳細については、「」をご参照ください。 アラートの抑制
  • アラートの停止
    アラート通知が送信されない時間帯を指定できます。 たとえば、メンテナンスおよびテスト期間中に多数のアラートがトリガーされる場合、停止期間を設定できます。 この期間内はアラート通知の受信を回避できます。 詳細については、「 停止ポリシー」をご参照ください。 アラートの停止
  • アラートポリシーの継承

    アラートポリシーは継承できます。 アラートポリシーを継承する場合、アラートは親ポリシーと子ポリシーの組み合わせに基づいて処理されます。 詳細については、「アラートポリシーの継承」をご参照ください。

  • データの分離

    アラートポリシーの異なるデータは分離されます。