アクションポリシーを作成すると、アラート通知の送信方法を管理できます。 指定したユーザー、ユーザーグループ、または当直グループにアラート通知を動的に送信できます。 アラートインシデントをエスカレートするように指定することもできます。

手順

  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. [アクションポリシー] タブに移動します。
    1. [プロジェクト] セクションで、対象のプロジェクトをクリックします。
    2. 左側のナビゲーションペインで、[アラート] をクリックします。
    3. [アラートセンターを開く] をクリックして、[アラートの管理] > [アクションポリシー] を選択します。
  3. [アクションポリシー] タブで、[作成] をクリックします。
  4. [アクションポリシーの追加] ダイアログボックスで、[ID] および [名前] パラメーターを設定します。
  5. プライマリアクションポリシーを追加します。
    1. [プライマリアクションポリシー] タブで、条件 をクリックします。
      たとえば、Alibaba Cloud アカウント 174****2745 に関するアラートが発生したときに、指定したユーザーグループに対してSMS メッセージで通知を送信するようにアクションポリシーを設定できます。
    2. アラートをトリガーする条件を設定します。
      条件
      パラメーター 説明
      条件
      • すべて: マージセット内のすべてのアラートが指定された条件を満たす場合のみ、指定されたアクションポリシーが実行されます。
      • いずれか: マージセット内の 1 つ以上のアラートが指定された条件を満たす場合、指定されたアクションポリシーが実行されます。
      条件式 条件式を満たすアラートが、指定されたアクションポリシーに基づいて処理されます。 条件式には、オブジェクト、演算子、およびオブジェクト値を指定できます。 たとえば、オブジェクトを Alibaba Cloud アカウントに設定し、オブジェクトの値を 174**** 2745 に設定できます。
      モード
      標準モードまたは詳細モードで複数の条件を追加できます。
      • 標準モード: 複数の条件を指定すると、条件は AND 演算子で関連付けられます。
      • 詳細モード: 複数の条件を指定する場合、AND または OR 演算子を使用して条件を関連付けることができます。 括弧を使用して、複数の条件を 1 つのグループにグループ化することもできます。
    3. アクショングループを設定します。
      通知方法で必須のパラメーターを設定します。 使用可能な通知方法は、 電子メール、DingTalk、webhook、および Alibaba Cloud メッセージセンターです。 詳細については、「 通知方法」をご参照ください。 アクショングループ
    4. [条件] または [アクショングループ] ダイアログボックスの 完了 をクリックして設定を完了します。
      さらに条件とアクション グループを追加するには、 条件 をクリックします。
  6. オプション:セカンダリアクションポリシーを設定します。
    長時間解決されないアラートを処理するための、セカンダリアクションポリシーを設定できます。 [セカンダリアクションポリシー] タブで [有効] スイッチを有効化して、必要なパラメーターを設定します。 詳細については、 手順 5 をご参照ください。
  7. [OK] をクリックします。