Log Service では、グローバルデフォルトカレンダーを使用できます。 グローバルデフォルトカレンダーを使用して、さまざまなタイムゾーンおよび国々で営業日および休日を同期できます。 カレンダーで国ごとのデフォルトのタイムゾーン、営業日、休日を変更できます。 このトピックでは、グローバルデフォルトカレンダーの変更方法について説明します。

手順

  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. [グローバルデフォルトカレンダー] タブに移動します。
    1. [プロジェクト] セクションで対象のプロジェクトをクリックします。
    2. 左側のナビゲーションペインで アラート をクリックします。
    3. [アラートセンターを開く] をクリックします。
    4. [アラートの管理]ドロップダウンリストから [グローバルデフォルトカレンダー] をクリックします。
  3. [カレンダー設定] をクリックし、必要なパラメーターを設定します。
    以下にパラメーターを示します。
    • タイムゾーン: 現在の地域に基づいてタイムゾーンを選択します。
    • 営業日: 営業日を選択します。
    • 非営業日: 非営業日を選択します。
      • 無視: 指定した国のカレンダーに基づく非営業日が設定されていないことを示します。
      • 中国 (リアルタイムで更新): 中国のカレンダーに基づいて非営業日を同期します。
      • 米国: 米国のカレンダーに基づいて、非営業日を同期します。
    • 営業時間: 営業時間を選択します。
  4. 特定の営業日および休日を設定し、[保存] をクリックします。
    以下にパラメーターを示します。
    • 日付: 営業日または休日の期間を選択します。
    • タイプ: 日付のタイプを設定します。 営業日または休日を設定できます。
      • 営業日
      • 休日
    • : 営業日および休日の表示色を指定します。
    • 期間: 営業日または休日の時間帯を指定します。
      • 営業日に休日を設定する場合は、[終日] を選択することを推奨します。
      • 休日に営業日を設定する場合は、時間帯を選択することを推奨します。