ここでは、イメージを使ったアプリケーション作成に関する Swarm クラスターと Kubernetes クラスターでの一般的な設定を比較します。

イメージを使ったアプリケーションの作成

Container Service コンソールで、イメージを使ってアプリケーションを作成する場合、Swarm クラスター Webインターフェイスは Kubernetes クラスター Webインターフェイスとは異なります。

基本情報

Container Service Swarm クラスター

Swarm クラスターでのアプリケーション作成に関する基本情報には、アプリケーション名、アプリケーションバージョン、デプロイクラスター、デフォルト更新ポリシーおよびアプリケーションの説明が含まれます。

Container Service Kubernetes クラスター

Kubernetes クラスターでのアプリケーション作成に関する基本情報には、アプリケーション名、アプリケーションバージョン、デプロイクラスター、名前空間、レプリカ数およびアプリケーションタイプが含まれます。

名前空間という用語は Kubernetes クラスターに限定されます。 Kubernetes は名前空間を利用して CPU やメモリーなどのリソースを分離します。 さらに、名前空間はテスト環境と開発環境など異なる環境を分けるために使うこともできます。 本番環境を分離するためにクラスターを使用することを推奨します。 名前空間という用語について詳しくは、用語集をご参照ください。

一般的な設定

イメージ名およびイメージバージョン設定は最も重要です。

Container Service Swarm クラスター

[ネットワークモード][デフォルト] および [ホスト] をサポートします。

Container Service Kubernetes クラスター

  • アプリケーションのネットワークモードは、クラスター作成時に指定されます。 利用可能なネットワークプラグインには [Flannel][Terway] が含まれます。 詳しくは、Kubernetes クラスターネットワークには、Terway または Flannel プラグインのどちらを選択するべきですか ?をご参照ください。
  • 必要なリソースには、アプリケーションに必要な CPU およびメモリーリソースが含まれます。 リソース制限はリソースクォータの上限しきい値です。 この設定は、Swarm クラスターでの [コンテナー] 設定の [CPU 制限] および [メモリー制限] の設定と比較できます。