この操作では、アクセラレーションエリアを削除します。

デバッグ

OpenAPI Explorer は署名値を自動的に計算します。 OpenAPI Explorer を使用すると、API を簡単に設定できます。 OpenAPI Explorer は、各種 SDK に用意されている API のサンプルコードを動的に生成します。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/任意 説明
Action string 必須 DeleteIpSet

実行する操作です。 値を DeleteIpSet に設定します。

AcceleratorId String 必須 ga-bp1yeeq8yfoyszmqy****

Global Accelerator インスタンスの ID を設定します。

IpSetId String 必須 ips-bp11r5jb8ogp122xl****

削除するアクセラレーションエリアの ID を設定します。

RegionId String 必須 cn-hangzhou

GA インスタンスが属するリージョンの ID を設定します。 この値を cn-hangzhou に設定します。

ClientTokend String 任意 DD61839A-5CC5-404B-8C6E-56066F0C432D

リクエストの冪等性を保証するクライアントトークンを設定します。 各クライアントは、さまざまなリクエストを識別するための一意のトークンを生成します。 トークンの長さは 1〜64 文字で、ASCII 文字が使用可能です。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
RequestId String DD61839A-5CC5-404B-8C6E-56066F0C432D

リクエストの ID を示します。

リクエスト例

http(s)://[Endpoint]/? Action=DeleteIpSet
&AcceleratorId=ga-bp1yeeq8yfoyszmqy****
&IpSetId=ips-bp11r5jb8ogp122xl****
&RegionId=cn-hangzhou
&<共通リクエストパラメーター>

通常のレスポンス例

XML 形式

<DeleteIpSetResponse>
      <RequestId>DD61839A-5CC5-404B-8C6E-56066F0C432D</RequestId>
</DeleteIpSetResponse>

JSON 形式

{
  "RequestId": "DD61839A-5CC5-404B-8C6E-56066F0C432D"
}

エラーコード

エラーコードリストについては、「API エラーセンター」をご参照ください。