この API を呼び出して、アクセラレーションリージョンの情報を照会できます。

デバッグ

OpenAPI Explorer は署名値を自動的に計算します。 OpenAPI Explorer を使用すると、API を簡単に設定できます。 OpenAPI Explorer は、各種 SDK に用意されている API のサンプルコードを動的に生成します。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/任意 説明
Action String 必須 DescribeIpSet

実行する操作。 値を DescribeIpSet に設定します。

IpSetId String 必須 ips-bp11r5jb8ogp122xl****

アクセラレーションリージョンの ID です。

RegionId String 必須 cn-hangzhou

指定されたアクセラレーションリージョンが属する Global Accelerator インスタンスのリージョン ID。 値を cn-hangzhou に設定します。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
AccelerateRegionId String cn-huhehaote

アクセラレーションリージョンの ID です。

Bandwidth Integer 3

アクセラレーションリージョンに割り当てられる帯域幅です。

IpAddressList List ['39.xx.xx.220']

アクセラレーションリージョン内の高速化 IP アドレスのリストを示します。

IpSetId String ips-bp11r5jb8ogp122xl****

アクセラレーションリージョンの ID です。

RequestId String 502CAB1E-3DF1-4369-B9FA-9C0D98AFB5E4

リクエストの ID です。

State String active

アクセラレーションリージョンのステータスを示します。

  • init :アクセラレーションリージョンを初期化しています。
  • active :アクセラレーションリージョンが実行状態です。
  • updating :アクセラレーションリージョンを設定しています。
  • deleting :アクセラレーションリージョンを削除しています。

リクエスト例

http(s)://[Endpoint]/? Action=DescribeIpSet
&IpSetId=ips-bp11r5jb8ogp122xl****
&RegionId=cn-hangzhou
&<共通リクエストパラメーター>

通常のレスポンス例

XML 形式

<DescribeIpSetResponse>
     <State>active</State>
     <AccelerateRegionId>cn-huhehaote</AccelerateRegionId>
     <IpSetId>ips-bp11r5jb8ogp122xl****</IpSetId>
     <RequestId>502CAB1E-3DF1-4369-B9FA-9C0D98AFB5E4</RequestId>
     <IpAddressList>39.xx.xx.220</IpAddressList>
     <Bandwidth>3</Bandwidth>
</DescribeIpSetResponse>

JSON 形式

{
  "State": "active",
  "AccelerateRegionId": "cn-huhehaote",
  "IpSetId": "ips-bp11r5jb8ogp122xl****",
  "RequestId": "502CAB1E-3DF1-4369-B9FA-9C0D98AFB5E4",
  "IpAddressList": [
    "39.xx.xx.220"
  ],
  "Bandwidth": 3
}

エラーコード

エラーコードリストについては、「API エラーセンター」をご参照ください。