Log Service を使用すると、異なるリージョンにデプロイされた Kubernetes クラスターからログを収集して分析できます。 このトピックでは、外部 Kubernetes クラスターで実行するアプリケーションで Log Service を有効化する方法について説明します。

始める前に

  • Container Service for Kubernetes を介して外部 Kubernetes クラスターに接続済みである必要があります。 詳細については、「外部 Kubernetes クラスターを ACK にインポートする」をご参照ください。
  • この機能を使用する権限を申請するには、チケットを起票してサポートセンターにお問い合わせください。

手順

  1. Container Service コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで [マーケットプレイス] > [アプリカタログ] を選択し、[Alibaba Cloud アプリ] タブに移動します。
  3. [操作/可観測性 (6)] > [ack-sls-log-controller] を選択します。
    a
  4. [パラメーター] タブをクリックし、パラメーターを設定します。

    パラメーターの詳細については、[説明] タブの [設定] セクションをご参照ください。

    Log Service のパラメーター
    クラスターと VPC ネットワークが専用回線で接続されている場合は、 InstallParam パラメーター値 の -internet サフィックスを省略し、 Endpoint パラメーターの {region-id}-intranet サフィックスを追加します。
  5. 右側の [デプロイ] セクションで、パラメーターを設定して [作成] をクリックします。
    • クラスター:リソースオブジェクトをデプロイするクラスターを選択します。
    • 名前空間:リソースオブジェクトが属する名前空間を選択します。 デフォルトの名前空間は default です。 ノードや PV などの基になる計算リソースを除き、ほとんどのリソースは名前空間にスコープされます。
    • リリース名:リソースオブジェクトのリリース名です。

次のタスク

アプリケーション作成後、コンソールで次の YAML ファイルを実行して、Log Service が正常に実行されているかどうかを確認できます。
apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: my-demo
spec:
  containers:
  - name: my-demo-app
    image: 'registry.cn-hangzhou.aliyuncs.com/log-service/docker-log-test:latest'
    env:
    ######### Configure environment variables ###########
    - name: aliyun_logs_log-stdout
      value: stdout
    - name: aliyun_logs_log-varlog
      value: /var/log/*.log
    - name: aliyun_logs_mytag1_tags
      value: tag1=v1
    ###############################
    ######### Configure vulume mounting ###########
    volumeMounts:
    - name: volumn-sls-mydemo
      mountPath: /var/log
  volumes:
  - name: volumn-sls-mydemo
    emptyDir: {}
  ###############################
ログデータが対象のプロジェクトの Logstores log-stdou および log-varlog にある場合、Log Service が正常に実行されていることを示します。
ログデータの表示には時間がかかる場合があります。

クラスターに ngress-nginx をデプロイしている場合は、「Ingress のログを分析して、Ingress へのアクセスをモニターする」をご参照ください。