このトピックでは、CloudMonitor コンソールで Web Application Firewall (WAF) をリアルタイムにモニタリングするダッシュボードを作成、カスタマイズし、チャートを追加する方法について説明します。 カスタムダッシュボードとチャートを使用して、ワークロードの保護状況に関する詳細情報を視覚的に表示できます。

このタスクについて

CloudMonitor は、インターネットアプリケーションと Alibaba Cloud リソースのモニタリングサービスです。 カスタムダッシュボードでは、モニタリングデータを表示できます。 同じタイプのワークロードを実行しているプロダクトやインスタンスのモニタリングデータを 1 つのダッシュボードに集約できます。

CloudMonitor コンソールで、WAF のダッシュボードを設定できます。 CloudMonitor は、次の WAF データメトリックのモニタリングをサポートしています。

手順

  1. CloudMonitor コンソールにログインします。
  2. [ダッシュボード] > [カスタムダッシュボード] を選択し、[ダッシュボードの作成] をクリックします。ダッシュボードの作成
  3. [ダッシュボードの作成] ダイアログボックスでダッシュボードの名前を指定し、[作成] をクリックします。ビューグループの作成
    ダッシュボードが作成されると、[ダッシュボード] ページが開きます。 [ダッシュボード] ドロップダウンリストで、表示または管理するダッシュボードを選択できます。
  4. [カスタムダッシュボード] を選択して [ビューの追加] をクリックし、右側に表示される [ビューの追加] ページで、必要なパラメーターを設定します。
    1. チャートの種類を選択します。. 折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、TopNテーブル、ヒートマップがサポートされています。
    2. [モニタリング項目の選択][ダッシュボード] タブをクリックし、[WAF] を選択します。 [モニタリング項目] ドロップダウンリストからモニタリング項目を選択し、[リソース] ドロップダウンリストからリソースを選択します。
      • モニタリング項目:モニタリング項目を選択します。 詳細については、「WAF モニタリング項目」をご参照ください。
      • リソース:モニタリングするドメイン名を選択します。 ドメインの選択

        さらにモニタリング項目を追加する場合、[モニタリング項目の追加] をクリックします。

    3. [保存] をクリックして、チャートを作成します。
    チャートの作成
    WAF モニタリングチャートの作成を完了しました。
  5. ダッシュボードにさらにチャートを追加するには、手順 4 を繰り返します。 詳細については、「 グラフの追加 」と「 ダッシュボードの管理」をご参照ください。