本ページでは、サンプルポリシーを使用して、OSS (Object Storage Service) CLI を使用して指定されたファイルにアクセスし、一覧表示する方法を示します。

次のポリシーは、許可された RAM ユーザーが OSS CLI を使用して myphotos/hangzhou/2015/ ディレクトリにアクセスし、ディレクトリ内のファイルを一覧表示できることを示します。

この RAM ユーザーは、ディレクトリに保存されているファイルの情報を得ることはできませんが、OSS CLI を使用するか、または API を呼び出すことで、ディレクトリの情報を取得できます。 このポリシーは、ソフトウェア開発者にアタッチすることを推奨します。
{
    "Version": "1",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "oss:GetObject"
            ],
            "Resource": [
                "acs:oss:*:*:myphotos/hangzhou/2015/*"
            ]
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "oss:ListObjects"
            ],
            "Resource": [
                "acs:oss:*:*:myphotos"
            ],
            "Condition":{
                "StringLike":{
                    "oss:Prefix":"hangzhou/2015/*"
                }
            }
        }
    ]
}