このトピックでは、Inner-ActionTrail 機能のフィールドについて説明します。

次の表で、Inner-ActionTrail 機能で使用されるフィールドについて説明します。
フィールド 説明
EventID ログイベントの一意の ID。
EventVersion イベントのバージョン。 現在のバージョンは 1.0.0 です。
EventLocation Alibaba Cloud の従業員またはシステムによって操作が行われる場所。 ISO 3166-1 alpha 2 の国コードが使用されます。
EventProduct 操作が実行されるプロダクトの名前 (例:OSS)。
EventName クラウドプロダクトで使用される API 操作に対応するイベントの名前 (例:バケットクォータ制限の設定)。
EventDescription 操作の実行理由。 理由には、チケット ID、内部 O&M または変更チケット ID、およびセキュリティスキャン ID が含まれる場合があります。
EventType 操作のタイプ。
  • CUSTOMER_INITIATED_SUPPORT

    Alibaba Cloud の O&M 担当者によって開始された技術サポート (例:ユーザー起票したチケットに基づくトラブルシューティング)。

  • ALIYUN_INITIATED_SERVICE

    O&M 要件に従って、Alibaba Cloud の従業員またはシステムによって開始されたサービス (例:クラスターのハードウェアの保証が切れた後のクラスター間でのバケットの移行)。

  • ALIYUN_INITIATED_PENALTY

    適用法および規制に従って、Alibaba Cloud の従業員またはシステムによってパブリックユーザーデータに対して実行される操作。

EventMethod 操作を実行する方法。 方法には、一般的な読み書き操作、内部インターフェイスを介した読み書き操作、およびバックアップやリカバリーなどの他の操作があります (例:内部書き込み)。
ResourceType イベントのリソースタイプ。例:Acs :: Oss :: Bucket
ResourceID リソースの ID。例:$ bucketID
ResourceRegionID イベントのリソースが属するリージョンの ID。 このフィールドは、リージョンに属するプロダクトにのみ適用されます (例:cn-hangzhou)。
ResourceOwnerID リソースが属するアカウントの ID。
EventAdditionalDetail イベントに関する追加情報。
EventTime 操作が実行された時刻 (UTC)。例:2019-09-18T05:23:37Z。
EventLevel 操作の重大度レベル。
  • NOTICE: 注意レベルの操作が実行されると、該当するログに記録されます。
  • WARNING: 警告レベルの操作が実行されると、ログに記録され、ユーザーに警告が出されます。