このトピックでは、ログ分析および監査のために Log Service コンソールで Inner-ActionTrail 機能を有効化する方法について説明します。

手順

  1. Log Service コンソール にログインします。
  2. [データのインポート] セクションで、[プラットフォーム操作ログ (Inner-ActionTrail)] アイコンをクリックします。
    Inner-ActionTrail へのアクセス
    • ActionTrail コンソールにログインし、[トレイルリスト] ページにある [Inner-ActionTrail をオンにする] をクリックして、[Inner-ActionTrail の有効化] ページを開きます。ActionTrail コンソールで Inner-ActionTrail を有効化
    • ActionTrail コンソールの [Inner-ActionTrail の有効化] ボタン、または Log Service コンソールの [プラットフォーム操作ログ (Inner-ActionTrail)] アイコンが見つからない場合、営業担当者に連絡するか、チケットを起票してサポートセンターにお問い合わせのうえ、公開プレビューにご参加ください。
  3. Logstore を選択します。
    ターゲットのリージョンでプロジェクトと Logstore を選択します。
  4. ActionTrail にプラットフォーム操作ログの送信を許可します。
    ActionTrail がプラットフォーム操作ログを Log Service プロジェクトに送信することを許可します。 Inner-ActionTrail を有効にしてログを別の Log Service プロジェクトに送信した場合は、次の手順に進む前に Inner-ActionTrail を無効にする必要があります。 データソースの指定
    プラットフォーム操作ログは、1 つの Logstore にのみ送信できます。
  5. Inner-ActionTrail を有効にします。
    [次へ] をクリックして Inner-ActionTrail を有効にします。
  6. [クエリと分析の設定] ページで、設定データを確認します。
  7. [次へ] をクリックします。

次のタスク

Inner-ActionTrail 機能を有効化した後、Log Service コンソールでログおよびレポートを表示できます。
  • 選択した Logstore プロジェクトをクリックします。 左側のナビゲーションウィンドウで、Logstore の検索アイコンをクリックしてログを照会します。プラットフォーム操作ログの照会
  • 左側のナビゲーションウィンドウで、[ダッシュボード] をクリックし、[Inner-ActionTrail センター] をクリックしてレポートを表示します。Inner-ActionTrail ダッシュボード
プラットフォーム操作ログの Logstore への送信を停止するには、ActionTrail コンソールにログインし、 [トレイルリスト] にある [Inner-ActionTrail の無効化] をクリックします。 ログの送信を停止後、新しく生成されたプラットフォーム操作ログは Logstore に送信されなくなります。 送信されたログの自動削除は、Logstore の有効期限が切れた場合の Logstore 設定に基づいています。 Inner-ActionTrail の無効化