ここでは、リザーブドインスタンスをマージする方法について説明します。 インスタンスへのトラフィックが増加した場合、複数のリザーブドインスタンスを 1 つのリザーブドインスタンスにマージして、より大きな従量課金インスタンスに一致させることができます。 ここでは説明を簡素化するため、マージするリザーブドインスタンスを元のリザーブドインスタンスと表記します。 また、マージされたリザーブドインスタンスを、ターゲットリザーブドインスタンスと表記します。

始める前に

  • 元のリザーブドインスタンスは同じ通貨で購入されている必要があります。
  • 元のリザーブドインスタンスは、 [有効] ステータスである必要があります。
  • 元のリザーブドインスタンスがリージョンリザーブドインスタンスである場合、それらは同じリージョンに属している必要があります。 元のリザーブドインスタンスがゾーンリザーブドインスタンスである場合、それらは同じゾーンに属している必要があります。
  • オペレーティングシステムと元のリザーブドインスタンスの終了時刻が同じである必要があります。
    リザーブドインスタンスの終了時刻は、リザーブドインスタンスの購入時に決まります。必ずしも、リザーブドインスタンスが無効になる時刻ではありません。 たとえば、リザーブドインスタンスをマージすると、元のリザーブドインスタンスは無効になります。 ただし、元のリザーブドインスタンスの終了時刻は変更されません。
  • リザーブドインスタンスを分割、またはマージ、または変更するための進行中のリクエストがない状態である必要があります。

このタスクについて

リザーブドインスタンスをマージする際は、次の制限がありますのでご注意ください。
  • t5 インスタンスファミリーに属するインスタンスタイプのリザーブドインスタンスは分割できません。
  • リザーブドインスタンスのインスタンスタイプは変更できます。 リザーブドインスタンスのインスタンスファミリーは変更できません。
  • リザーブドインスタンスのゾーンまたはリージョンは変更できません。
  • ターゲットリザーブドインスタンスを適用できる従量課金インスタンスの数が 100 を超えることはできません。
  • 次の図のとおり、ターゲットリザーブドインスタンスの計算能力は、元のリザーブドインスタンスの計算能力と同じでなければなりません。 計算能力の詳細については、「リザーブドインスタンスの概要」をご参照ください。リザーブドインスタンスのマージ
  • ターゲットリザーブドインスタンスで使用されるインスタンスタイプが存在している必要があります。 たとえば、次の図のとおり、ecs.g5.5xlarge インスタンスタイプは g5 インスタンスファミリーに含まれていないため、ecs.g5.5xlarge リザーブドインスタンスを取得できません。ターゲットインスタンスタイプが存在する必要があります

手順

  1. [リザーブドインスタンス] ページで、元のリザーブドインスタンスを見つけて、[アクション] 列の [マージ] をクリックします。
  2. 表示される [リザーブドインスタンスのマージ] ウィンドウで、現在のリザーブドインスタンスとマージするリザーブドインスタンスを選択します。 ターゲットリザーブドインスタンスの名前、インスタンスタイプ、インスタンス数を設定します。
  3. [OK] をクリックします。

タスクの結果

マージリクエストを送信すると、元のリザーブドインスタンスが [更新中] ステータスになり、[作成中] ステータスのリザーブドインスタンスが表示されます。 リザーブドインスタンスをマージするための進行中のリクエストをキャンセルすることはできません。 リザーブドインスタンスをロールバックする場合は、マージされたリザーブドインスタンスを分割して、元のリザーブドインスタンスを取得します。

リザーブドインスタンスをマージするリクエストが処理された後、結果は次のいずれかになります。
  • リザーブドインスタンスがマージされた場合:
    • 元のリザーブドインスタンスは、 [無効] ステータスになり、マージされた正時に失効します。 料金が USD 0 になります。
    • ターゲットリザーブドインスタンスが [有効] ステータスになり、元のリザーブドインスタンスがマージされた正時に有効になります。 ターゲットリザーブドインスタンスがゾーンリザーブドインスタンスの場合、リザーブされたリソースのタイプも自動的に更新されます。
    • ターゲットリザーブドインスタンスが従量課金インスタンスと一致する場合、リザーブドインスタンスによって提供される料金割引は、ターゲットリザーブドインスタンスが有効になる時刻から、一致する従量課金インスタンスに適用されます。
  • 元のリザーブドインスタンスのマージに失敗した場合、それらは有効のままになります。
2020 年 5 月 29 日の 08:30 に、2 つの ecs.g5.xlarge リージョンリザーブドインスタンスを ecs.g5.2xlarge リージョンリザーブドインスタンスにマージしたと仮定します。 次の図は、元のリザーブドインスタンスが失効する時刻と、ターゲットリザーブドインスタンスが有効になる時刻を示しています。マージが適用される時刻