CDN のオブジェクトチャンクおよびドラッグ & ドロップ再生機能は、データ転送の使用量を削減し、映像および音声の再生品質向上に役立ちます。

これらの機能を使用すると、次のタスクを実行できます。
機能 説明
Back-to-Origin of Range 配信元に返送されるデータ量およびデータ配信時間を削減します。
ドラッグ & ドロップ再生 映像または音声を再生する際、再生効果に影響を与えることなく、指定した位置に移動できます。