このページでは、専用 Kubernetes クラスターの従量課金マスターノードの設定をアップグレードする方法について説明します。 専用 Kubernetes クラスターはユーザーが管理します。 したがって、マスターノードはユーザーのニーズに基づいて設定される必要があります。

始める前に

Kubernetes クラスターが作成されていること。 Kubernetes クラスターの作成方法については、「 Kubernetes クラスターの作成」をご参照ください。

手順

  1. Container Service コンソール にログインします。
  2. Container Service-Kubernetes の左側のナビゲーションウインドウで、 [クラスター] > [ノード] を選択します。
  3. [ノード] ページで、該当のマスターノードのインスタンス ID をクリックします。

    [インスタンス詳細]ページで、インスタンスタイプなどのインスタンス情報を表示できます。

  4. [設定情報] セクションで、[インスタンスタイプの変更] をクリックします。
    インスタンスが実行されている場合、 [インスタンスタイプの変更] ボタンは薄く表示されます。 この場合、次の操作を実行する前に、右上隅の [停止] をクリックする必要があります。
  5. 表示された[インスタンスタイプ] ページで、該当のインスタンスタイプを選択し、[確認] をクリックします。 インスタンスタイプの詳細については、「ECS インスタンスの選択」をご参照ください。
  6. 表示された[変更の成功] ページで、[OK] をクリックします。
    表示された [インスタンス] ページでインスタンスタイプを確認できます。
  7. インスタンスを選択して、[開始] をクリックします。 マスターノードが自動的にクラスターに追加され、ノードのステータスが [実行中] になります。

次のタスク

上の手順 (手順 4 から手順 7 ) を繰り返して、他のマスターノードをアップグレードできます。 他の課金方法のマスターノードをアップグレードする方法については、「 設定変更の概要」をご参照ください。