ECS API とは何ですか。

ECS API は、Alibaba Cloud ユーザーに API サービスを提供するオープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) API です。 この API を使用して、ECS インスタンスを管理および使用できます。 次の図は、API を呼び出すためにリクエストが転送されるパスを示しています。 ECS API の使用方法の詳細については、「 クイックスタート」をご参照ください。

ECS インスタンスを作成しようとすると、エラーコード InvalidDataDiskCategory.NotSupported が返されます。 どうすればよいでしょうか。

  • エラーの詳細:RunInstances 操作を呼び出して、ECS インスタンスを作成すると、次のエラー情報が返されます
    {
        "Code": "InvalidDataDiskCategory.NotSupported",
        "Message": "Specified disk category is not supported."
    }
  • 原因:指定されたカテゴリのディスクを指定されたゾーンに作成できないため、エラーが発生しました。
  • 解決策:DescribeAvailableResource 操作を呼び出し、ECS インスタンスを作成するゾーンで使用可能なリソースを表示し、そのゾーンに十分なリソースがあることを確認することを推奨します。 ZoneId の値を変更して、再試行することもできます。
    aliyun ecs RunInstances --ImageId win2008_64_ent_r2_cn_40G_alibase_20150429.vhd --InstanceType ecs.g5.large --SecurityGroupId <TheSecuriytyGroupId> --SystemDiskCategory cloud_efficiency --ZoneId cn-hangzhou-c

パブリック IP アドレスが割り当てられた ECS インスタンスを作成するにはどうすればよいですか。

  • 方法 1: InternetMaxBandwidthOut を 0 より大きい値に設定して RunInstances 操作を呼び出し、ECS インスタンスを作成します。 新しい ECS インスタンスには、パブリック IP アドレスが自動的に割り当てられます。
  • 方法 2:CreateInstance 操作を呼び出して ECS インスタンスを作成します。 次に、AllocatePublicIpAddress 操作を呼び出して、インスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てます。

ECS API 操作を使用して ECS インスタンスを作成しました。 インスタンスのパブリック IP アドレスに ping できないのはなぜですか。

  • エラーの詳細:ECS API 操作を使用して作成した新しい ECS インスタンスが、パブリックネットワークに接続できず、インスタンスのパブリック IP アドレスを ping できません。
  • 原因:パブリックネットワークがインスタンスにアクセスできるようにするための、セキュリティグループルールが追加されていません。
  • 解決策:AuthorizeSecurityGroup 操作を呼び出して、インスタンスが属するセキュリティグループにインバウンドルールを追加し、パブリックネットワークがインスタンスにアクセスできるようにします。 たとえば、IpProtocol が ICMP に設定されている次のリクエストを送信して AuthorizeSecurityGroup 操作を呼び出し、このインスタンスのパブリック IP アドレスが他の IP アドレスから ping できるようにするインバウンドルールを追加できます。
    https://ecs.aliyuncs.com/?Action=AuthorizeSecurityGroup
    &SecurityGroupId=sg-bp15ed6xe1yxeycg7***
    &SourceCidrIp=0.0.0.0/0
    &IpProtocol=ICMP
    &PortRange=-1/-1
    &<Common request parameters>

ECS API 操作を使用してパブリック IP アドレスをインスタンスにバインドすると、エラーメッセージ "The specified IP is already in use." が返されます。 どうすればよいでしょうか。

  • エラーの詳細: AllocatePublicIpAddress 操作を呼び出して、 IpAddress で指定されたパブリック IP アドレスを ECS インスタンスに割り当てると、次のエラー情報が返されます。
    {
        "Code": "IpInUse",
        "Message": "The specified IP is already in use."
    }
  • 原因:指定された IP アドレスは既に使用されています。
  • 解決策:IP アドレスが既に使用されているかどうかを確認します。 既に使用されている場合、別の IP アドレスを試してください。

ECS API 操作を使用してインスタンスのパブリック帯域幅設定を変更する場合、新しい帯域幅設定の有効期間を指定できますか。

ModifyInstanceNetworkSpec 操作を呼び出して、ECS インスタンスのパブリック帯域幅設定を変更することができます。 新しい帯域幅設定は、変更が完了するとすぐにインスタンスに反映されます。 インスタンスの帯域幅設定を一時的に変更するだけの場合は、StartTime および EndTime を設定して、有効期間を定義します。

Elastic IP アドレスを使用している場合、 ModifyEipAddressAttribute 操作を呼び出して変更を加えることができますが、有効期間を指定することはできません。

ECS API 操作または ECS SDK を使用してセキュリティグループの詳細を照会する際に、セキュリティグループ内のすべてのセキュリティグループルールを表示できないのはなぜですか。

セキュリティグループルールは、NIC タイプ、パブリック NIC ( internet)、および内部 NIC ( intranet) によって区別できます。 DescribeSecurityGroupAttribute 操作を呼び出して、セキュリティグループの詳細を照会する場合、 NIC パラメーターは必要ありません。 ただし、このパラメーターが指定されていない場合は、デフォルト値 internet が使用されます。 したがって、次の CLI コマンドを実行して DescribeSecurityGroupAttribute 操作を呼び出すと、照会されたセキュリティグループ内のすべてのセキュリティグループルールではなく、パブリックセキュリティグループルールのみが表示されます。
aliyun ecs DescribeSecurityGroupAttribute --SecurityGroupId <TheSecurityGroupId> --RegionId <TheRegionId>
セキュリティグループ内の内部セキュリティグループルール (内部ネットワーク全体のアクセスを許可する内部セキュリティグループルールや、Finance Cloud の VPN ファイアウォール用に設定された内部セキュリティグループルールなど) を表示するには、 NicTypeintranet に設定して以下のコマンドを実行します。
aliyun ecs DescribeSecurityGroupAttribute --SecurityGroupId <TheSecurityGroupId> --RegionId <TheRegionId> --NicType intranet

ECS API、ECS SDK、またはAlibaba Cloud CLI を使用して作成したクエリが 10 個のエントリしか返さないのはなぜですか。

詳細については、「Why only ten entries are returned for query request by using APIs or SDK」をご参照ください。