書き換え機能を使用すると、要求された URI (Uniform Resource Identifier) を変更し、302 リダイレクトの送信先 URI を設定できます。 必要に応じて、複数の書き換えルールを設定できます。 ここでは、CDN コンソールで書き換えルールを設定する方法について説明します。

このタスクについて

要求された URI を変更する必要がある場合は、書き換えルールを作成します。 たとえば、クライアントが HTTP を介した http://example.com へのアクセスを要求した場合、書き換えルールを作成して、要求を https://example.com にリダイレクトできます。

手順

  1. Alibaba Cloud CDN コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ドメイン名] をクリックします。
  3. [ドメイン名] ページで、対象のドメイン名を見つけ、[管理] をクリックします。
  4. 指定したドメインの左側のナビゲーションウィンドウで、[キャッシュ設定] をクリックします。
  5. 書き換えタブで、[作成] をクリックします。
  6. [書き換え] をクリックします。
  7. 書き換えタブで、[作成] をクリックします。
    書き換えルールの作成
  8. 必要に応じて、 Original URI、Rewritten URI、Flag を設定します。
    CDN ノードは、次のいずれかの方法で書き換えルールを実行します。
    • Redirect:要求された URI が現在のルールに一致する場合、CDN ノードは 302 ステータスコードを返し、要求を送信先 URI にリダイレクトします。
    • Break:要求された URI が現在のルールに一致する場合、CDN ノードは要求された URI のコンテンツを返しますが、要求された URI が残りのルールに一致するかをチェックしません。
  9. [OK] をクリックします。

    書き換えルールを設定後、[アクション] 列の [変更] または [削除] をクリックして、書き換えルールを変更または削除できます。

例 No. 要求された URI 送信先 URI 書き換えフラグ 説明
1 /hello /index.html Redirect クライアントが http://domain.com/hello のコンテンツを要求すると、CDN ノードは 302 ステータスコードを返し、クライアントを http://domain.com/index.html にリダイレクトします。
2 ^/hello$ /index.html Break クライアントが http://domain.com/hello のコンテンツを要求すると、CDN ノードは http://domain.com/index.html のコンテンツを返します。ただし、要求された URI が残りの書き換えルールと一致するかどうかをチェックしません。
3 ^/$ /index.html Redirect クライアントが http://domain.com のコンテンツを要求すると、CDN ノードは 302 ステータスコードを返し、クライアントを http://domain.com/index.html にリダイレクトします。