アプリケーションの起動を確認する

Kompose を使用して、または手動でアプリケーション設定を移行した後、Container Service - Kubernetes コンソールでアプリケーションの起動を確認できます。 起動プロセス中に例外が発生した場合は、Container Service - Kubernetes コンソールでアプリケーションの起動ログを確認して原因を特定できます。

  1. Container Service - Kubernetes コンソールにログインします。 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーション] > [デプロイメント] の順にクリックします。 デプロイメントページで、ターゲットのクラスターと名前空間を選択して、起動に失敗したアプリケーションを探し、[操作] 列のの[詳細] をクリックします。
  2. [ポッド] タブをクリックして、ターゲットのポッドを探します。[アクション] 列の[詳細] > [ログ] の順にクリックします。
  3. ポッドの [ログ] ページで、ログの内容を確認します。

アプリケーションの起動に関する問題の修正

アプリケーションの起動に関する問題を 1 つずつ分析し、修正します。 たとえば、上図のログの内容は、auth-service アプリケーションが、設定アプリケーションにアクセスできないために起動に失敗したことを示しています。 この問題を修正するには、次の手順に従います。

  1. 他のアプリケーションから設定アプリケーションへにアクセスできるよう、Kubernetes クラスターにサービスを手動で作成します。 次の図では、2 で示すフィールドは、サービス名を示しています。これは Swarm Compose ファイルのホスト名キーの値にする必要があります。 ポートマッピングの設定に特別な要件はありません。 Name、Service Port、および Container Port の各パラメーターは同じ値に設定できます。 詳細については、「サービスの作成」をご参照ください。
  2. ポッドを再度デプロイした後、問題が修正されたかどうかを確認します。 ポッドのステータスが Running の場合 、次の図に示すように、ポッドは起動しています。

アプリケーションの起動プロセス中にいくつかの例外が発生する場合があります。 これらの例外と対処方法の詳細については、「 トラブルシューティング」をご参照ください。