手順

  1. Swarm Compose ファイルをダウンロードします。
    1. Container Service - Swarm コンソールにログインします。 左側のナビゲーションウィンドウから、[アプリケーション] をクリックします。 [アプリケーション] ページで、ターゲットのアプリケーションを見つけて、[操作] 列の [設定変更] をクリックします。
    2. 設定をコピーしてローカルコンピューターの .yaml ファイルに保存します。 このトピックでは、前処理する Swarm Compose ファイルの名前を swarm-piggymetrics.yaml とします。
  2. Swarm Compose ファイルの環境変数を実際の値に置き換えます。
    Container Service - Swarm コンソールで設定ファイルを作成し、この設定ファイルを使用して Swarm Compose ファイル内の変数を実際の値に置き換えることができます。 Kubernetes には、この機能と同じ機能がありません。 Kompose を使用して Swarm Compose ファイルを変換する前に、Swarm Compose ファイル内のドル記号 ($) で始まる変数を実際の値に手動で置き換えます。 Swarm Compose ファイルの変数を置き換えるには、次の手順に従います。
    1. Container Service - Swarm コンソールにログインします。 左側のナビゲーションウィンドウで、[設定] をクリックします。 [設定ファイルリスト] ページで、ターゲットリージョンを選択し、設定ファイルを見つけます。
    2. この設定ファイルに従って、swarm-piggymetrics.yaml ファイル内のドル記号 ($) で始まる変数を実際の値に変換します。
  3. キーを前処理します。
    Swarm Compose ファイル内の一部のキーを前処理する必要があります。 そうしないと、無効な値タイプまたは未サポートキーにより、エラーが報告され、変換が停止する場合があります。 通常、次の方法でキーを前処理する必要があります。
    • 次のキーの値を Boolean 型から String 型に変更します。 たとえば、true または false を 'true' または 'false' に変更します。
      • aliyun.global
      • aliyun.latest_image
    • 外部キーを含むサービスを削除し、これらのサービスを後で手動で移行します。
      • external
  4. Swarm Compose ファイルのバージョン番号を変更します。
    Kompose は、バージョン 2 の Swarm Compose ファイルに対応し、バージョン 2.X の Swarm Compose ファイルをサポートしていません。したがって、Swarm Compose ファイルのバージョン宣言を version: '2.X' から version: '2' に変更する必要があります。 そうしないと、変換中にエラーが返されます。