VPN ゲートウェイは、ポリシーベースの IPsec-VPN 接続に加えて、ルートベースの IPsec-VPN 接続もサポートするようになりました。 更新は SSL-VPN 接続には適用されません。

更新の詳細

コンソールに以下の変更があります:
  • VPN ゲートウェイの詳細ページには 2 つのルーティング方法があります。
    • ポリシーベースルーティング :トラフィックは送信元 IP アドレスと宛先 IP アドレスに基づいて転送されます。
    • 宛先ベースのルーティング:トラフィックは宛先 IP アドレスに基づいてのみ転送されます。
    現在、コンソールではポリシーベースのルーティングと宛先ベースのルーティングのみがサポートされています。 動的ルーティングのサポートは開発中です。
  • VPN ゲートウェイのルートテーブルは、自動または手動で VPC ルートテーブルと同期させることができます。

既存の VPN ゲートウェイをルートベースの IPsec-VPN への変更

既存の VPN ゲートウェイはルートベースの IPsec-VPN 機能をサポートしていないため、ルートテーブルはコンソールで利用できません。 この機能が必要な場合は、チケットを起票します。

新しく作成された VPN ゲートウェイは、デフォルトでルートベースの IPsec-VPN 機能をサポートします。 VPN ゲートウェイの詳細ページでルートテーブルを表示できます。