自動更新サービスは、サブスクリプション課金方法を使用したインスタンスにのみ適用されます。

はじめに

自動更新サービスを有効化している場合、Alibaba Cloud により、インスタンスの有効期限時にご利用のクレジットカードにサブスクリプション料金が請求されます。

自動更新サービスは、ECS インスタンスが購入された後、有効期限前までに有効化できます。 サブスクリプションインスタンスの有効期限切れ後に有効化することはできません。 自動更新の機能は、以下の通りです。
  • 月極めのサブスクリプションサービスは、毎月のサブスクリプションインスタンスの有効期限日に、自動的に月ごとのインスタンスとして更新されます。
  • 年間サブスクリプションサービスは、毎年サブスクリプション有効期限日に、自動的に年ごとのインスタンスとして更新されます。

自動更新サービスは、月極めのサブスクリプションと年間サブスクリプションの間の切り替えはサポートしていません。 インスタンスのサービス期間を変更する場合は、 「手動更新」サービスを選択できます。

自動更新サービスを有効化した後、

  • お使いのサブスクリプションインスタンスが有効期限に近づくと、有効期限日 (T) の 7 日前、3 日前、および 1 日前に通知されます。

  • Alibaba Cloud により、有効期限日 (T) にご利用のクレジットカードにサブスクリプション料金が請求されます。 支払いが失敗した場合、Alibaba Cloud により、7 日目 (T+6) および 15 日目 (T+14) に再度決済が試みられます。 3 回すべての支払いの試みが失敗した場合、インスタンスはシャットダウンされます。

    • サブスクリプションへの支払いが正常に行われると、お使いのインスタンスは "Expired" ステータスではなくなり、次の課金サイクルが有効期限日から始まります。

      たとえば、お使いの月極めのサブスクリプションインスタンスがの有効期限が2016 年4 月 25 日 00:00:00 で、自動更新が 2016 年 5 月 9 日に成功した場合、更新による課金サイクルは 2016 年 4 月 25 日 00:00:01 から 2016 年 5 月 25 日 00:00:00 までとなります。

    • 3 回すべての支払いの試みが失敗した場合、有効期限日の 15 日後にインスタンスはシャットダウンされます。 インスタンスがシャットダウンされた場合、インスタンスはサービスの提供を停止し、インスタンスへのログインまたはリモートでの接続ができなくなります。 この時点では、「手動更新」のみ選ぶことができます。 インスタンスが有効期限日後 15 日以内に更新されない場合、インスタンスはリリースされ、保存されたデータは失われます。
    • 自動更新が試みられる前に手動でインスタンスを更新した場合、お使いのインスタンスは更新され、その時点での課金サイクルの自動更新は行われません。 その時点での課金サイクルが終了すると、インスタンスが更新されます。
    • 自動更新が失敗するたびに、Alibaba Cloud により通知メールがメールアドレスに送信されます。 そのため、受信ボックスを頻繁に確認し、必要以上の業務への影響を避けるため、お使いのインスタンスのステータスを把握し、必要な操作を行うことを推奨します。
  • Alibaba Cloud によるインスタンスの自動更新の決済は、08:00:00 (UTC+8) から 18:00:00 (UTC+8) の間に行われます。

自動更新の有効化

自動更新サービスの有効化には、以下の手順に従います。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. ページのトップで、[[料金・支払い管理] > [サブスクリプション更新] をクリックします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウから [Elastic Compute Service (ECS)] をクリックします。
  4. 更新ページで、[手動更新] タブを選択します。
  5. インスタンスを検索し、"操作" 列から、[自動更新の有効化] をクリックします。
  6. [自動更新の有効化] ダイアログボックスで、[自動更新の有効化] をクリックします。

[自動更新] タブを選択すると、インスタンスを検索できます。

自動更新の無効化

インスタンスの自動更新サービスの無効化には、以下の手順に従います。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. ページのトップで、[料金・支払い管理] > [サブスクリプション更新] をクリックします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウから [Elastic Compute Service (ECS)] をクリックします。
  4. 更新ページで、[手動更新] タブを選択します。
  5. インスタンスを検索し、"操作" 列から、[自動更新の変更] をクリックします。
  6. [自動更新の変更] ダイアログボックスで、[自動更新の無効化] を選択し、[OK] をクリックします。

[手動更新] タブを選択すると、インスタンスを検索できます。