このページでは、Object Storage Service (OSS) ログのすべてのフィールドについて説明します。

OSS ログのタイプ

表 1. OSS ログのタイプ
ログのタイプ 説明
アクセスログ 対応する OSS バケットへのすべてのアクセスを記録します。 Log Service はこのタイプのログをリアルタイムで収集します。
一括削除ログ 一括削除操作で削除された OSS オブジェクトを記録します。 Log Service はこのタイプのログをリアルタイムで収集します。
DeleteObjects API 操作を呼び出すと、アクセスログにリクエストレコードが生成されます。 削除をリクエストしたオブジェクトに関する情報は、リクエストの HTTP 本文に格納されます。 したがって、アクセスログ内の対応する object を示すために、ハイフン ( -) が使用されます。 削除されたオブジェクトのリストを取得するには、対応する一括削除ログを確認してください。 request_id パラメーターを使用して、一括削除リクエストと削除するオブジェクトを関連付けすることができます。
毎時のメータリングログ 分析をサポートするために、特定のバケットに毎時の測定統計を記録します。 ログ生成とログ収集の間に数時間の遅延があります。

OSS 組み込みログと OSS アクセスログ

Log Service は、アクセスデータ、一括削除操作で削除されたデータ、および OSS の毎時の測定データを記録、収集、保存、および分析するための OSS アクセスログ機能を提供します。 「OSS 組み込みログ」は OSS の組み込み機能であり、OSS のアクセスデータの記録と保存にも使用されます。

Log Service が提供する OSS アクセスログには、OSS アクセス操作に関するすべての情報が含まれています。 ただし、これらのログには OSS 組み込みログとは異なるログフィールドがあります。 次の表に、2 つのタイプのログのフィールドの違いを示します。
OSS 組み込みログのフィールド OSS アクセスログのフィールド (Log Service) 説明
Remote IP client_ip リクエストの発信元の IP アドレスです。 プロキシまたはクライアントのファイアウォールがこのフィールドをブロックしている可能性があります。
Time time OSS がリクエストを受信した時刻です。
Request-URI request-uri クエリ文字列パラメーターを含む、リクエストされた URL です。
HTTP Status http_status OSS が返す HTTP ステータスコードです。
SentBytes response_body_length ユーザーが OSS からログをダウンロードするときに消費されるトラフィックです。
RequestTime (ms) response_time リクエストを完了するために費やされた時間 (ミリ秒単位) です。
Referer referer リクエストされているリソースにリンクされている Web ページのアドレスを識別する HTTP ヘッダーです。
User-Agent User-Agent HTTP リクエストのユーザーエージェントヘッダーです。
HostName host リクエストされたドメイン名です。
Request ID request_id リクエストを識別するために使用されるユニーク ID です。
LoggingFlag logging_flag アクセスログ機能が有効になっているかどうかを示します。
Requester Aliyun ID requester_id リクエスト送信者の Alibaba クラウド ID です。 匿名アクセスの場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。
Operation operation リクエストのタイプです。
Bucket bucket リクエストされたバケットの名前です。
Key Object リクエストされたキーです。
Log Service のオブジェクトフィールドは URL エンコードされています。
ObjectSize object_size オブジェクトのサイズです。
Server Cost Time (ms) server_cost_time OSS サーバーがリクエストを処理するために費やした時間 (ミリ秒単位) です。
Error Code error_code OSS が返すエラーコードです。
Request Length request_length リクエストの長さ (バイト単位) です。
UserID owner_id バケット所有者のユーザー ID です。
Delta DataSize delta_data_size バケットサイズのバリエーションです。 バケットサイズが変更されない場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。
Sync Request sync_request リクエストが Content Delivery Network (CDN) の発信元に転送されるかどうかを示します。 back-to-origin リクエストではない場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。

アクセスログ

表 2. アクセスログ
フィールド 説明
access_id ユーザーの Alibaba Cloud アカウントの AccessKey ID です。 mEEJX**********
__topic__ ログ内のトピックの名前です。 このフィールドの値は oss_access_log に固定されています。 -
time OSS がリクエストを受信した時刻です。 タイムスタンプが必要な場合は、__time__ を使用します。 27/Feb/2018:13:58:45
owner_id バケット所有者の Alibaba クラウド ID です。 12345678
User-Agent HTTP リクエストのユーザーエージェントヘッダーです。 curl/7.15.5
logging_flag ロギングがログを定期的に OSS バケットにエクスポートするようになっているかどうかを示します。 true
bucket バケットの名前です。 bucket123
content_length_in リクエストヘッダーの Content-Length の値 (バイト単位) です。 12345
content_length_out 応答ヘッダーの Content-Length の値 (バイト単位) です。 12345
Object リクエストの URL エンコードオブジェクトです。 ログのクエリ時に select url_decode(object) を使用してオブジェクトをデコードできます。 data%2Fcur_file.txt
object_size リクエストされたオブジェクトのサイズ (バイト単位) です。 1234
operation アクセス操作のタイプです。 アクセスタイプと説明の詳細については、「アクセスタイプ」をご参照ください。 GetObject
bucket_location バケットが配置されているクラスターです。 フィールド値の形式は oss-<region>-id です。 oss-cn-beijing-f
request_uri query-string を含む、リクエストの URL をエンコードした URI です。 ログのクエリ時に select url_decode(request_uri) を使用して URI をデコードできます。 /1518085703067732%2Fcur_file.txt HTTP/1.1
error_code OSS が返すエラーコードです。 エラーコードと説明の詳細については、「OSS エラー応答」をご参照ください。 NoSuchKey
request_length ヘッダーを含む HTTP リクエストのサイズ (バイト単位) です。 376
client_ip リクエストの発信元の IP アドレスです。 1.2.3.4
response_body_length ヘッダーを除く、HTTP 応答の本文のサイズです。 123
http_method HTTP リクエストのメソッドです。 GET
referer リクエストされているリソースにリンクされている Web ページのアドレスを識別する HTTP ヘッダーです。 http://www.abc.com
requester_id リクエスト送信者の Alibaba クラウド ID です。 匿名アクセスの場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。 12345678
request_id 問題をトラブルシューティングするために OSS テクニカルサポートによって使用されるリクエスト ID です。 5A7C39674857FB9FFFFFF
response_time リクエストの応答時間 (ミリ秒単位) です。 123
server_cost_time OSS サーバーがリクエストを処理するために費やした時間 (ミリ秒単位) です。 123
http_type HTTP リクエストのタイプです。 このフィールドの値は HTTP または HTTPS です。 http
sign_type 署名のタイプです。 署名のタイプと説明の詳細については、「署名タイプ」をご参照ください。 NormalSign
http_status OSS サーバーから返される HTTP 接続のステータスコードです。 200
sync_request 同期リクエストのタイプです。 同期リクエストのタイプと説明の詳細については、「同期リクエストタイプ」をご参照ください。 cn
bucket_storage_type バケットストレージのタイプです。 バケットストレージタイプと説明の詳細については、「バケットストレージタイプ」をご参照ください。 standard
host リクエストされたドメイン名です。 bucket123.oss-cn-beijing.aliyuncs.com
vpc_addr リクエストしたドメイン名に対応する仮想 IP アドレス (VIP) です。 このフィールドのデータ型は整数です。 このフィールドは、問題をトラブルシューティングするために OSS テクニカルサポートによって使用される場合があります。 1234567890
vpc_id リクエスターがアクセスしたときの 仮想プライベートクラウド (VPC) の ID です。 このフィールドは、問題をトラブルシューティングするために OSS テクニカルサポートによって使用される場合があります。 1234
delta_data_size オブジェクトサイズのバリエーションです。 オブジェクトサイズが変更されない場合、このフィールドの値は 0 です。 アップロード以外のリクエストの場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。 280
acc_access_region CDN のリクエストの場合、このフィールドは、リクエストされたアクセスポイントが配置されているリージョンに対応するドメイン名です。 それ以外の場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。 cn-hangzhou

一括削除ログ

DeleteObjects API 操作を呼び出すと、アクセスログにリクエストレコードが生成されます。 削除をリクエストしたオブジェクトに関する情報は、リクエストの HTTP 本文に格納されます。 したがって、アクセスログ内の対応する object を示すために、ハイフン (-) が使用されます。 削除されたオブジェクトのリストを取得するには、対応する一括削除ログを確認してください。 下表に、一括削除ログのフィールドと説明を示します。 request_id パラメーターを使用して、一括削除リクエストと削除するオブジェクトを関連付けすることができます。

表 3. 一括削除ログ
フィールド 説明
__topic__ ログ内のトピックの名前です。 このフィールドの値は oss_batch_delete_log です。 -
client_ip リクエストの発信元の IP アドレスです。 1.2.3.4
user_agent HTTP リクエストのユーザーエージェントヘッダーです。 curl/7.15.5
bucket バケットの名前です。 bucket123
error_code OSS が返すエラーコードです。 エラーコードと説明については、「OSS エラー応答」をご参照ください。 NoSuchKey
request_length ヘッダーを含む HTTP リクエストのサイズ (バイト単位) です。 376
response_body_length ヘッダーを除く、HTTP 応答の本文のサイズです。 123
Object リクエストの URL エンコードオブジェクトです。 ログのクエリ時に select url_decode(object) を使用してオブジェクトをデコードできます。 data%2Fcur_file.txt
object_size リクエストオブジェクトのサイズ (バイト単位) です。 1234
operation アクセス操作のタイプです。 アクセスタイプと説明の詳細については、「アクセスタイプ」をご参照ください。 GetObject
bucket_location バケットが配置されているクラスターです。 フィールド値の形式は oss-<region>-id です。 oss-cn-beijing-f
http_method HTTP リクエストのメソッドです。 POST
referer リクエストされているリソースにリンクされている Web ページのアドレスを識別する HTTP ヘッダーです。 http://www.abc.com
request_id 問題をトラブルシューティングするために OSS テクニカルサポートによって使用されるリクエスト ID です。 5A7C39674857FB9FFFFFF
http_status OSS サーバーから返される HTTP 接続のステータスコードです。 200
sync_request 同期リクエストのタイプです。 同期リクエストのタイプと説明の詳細については、「同期リクエストタイプ」をご参照ください。 cdn
request_uri query-string を含む、リクエストの URL をエンコードした URI です。 ログのクエリ時に select url_decode(request_uri) を使用して URI をデコードできます。 /1518085703067732%2Fcur_file.txt HTTP/1.1
host リクエストされたドメイン名です。 bucket123.oss-cn-beijing.aliyuncs.com
logging_flag ロギングがログを定期的に OSS バケットにエクスポートするようになっているかどうかを示します。 true
server_cost_time OSS サーバーがリクエストを処理するために費やした時間 (ミリ秒単位) です。 123
owner_id バケット所有者の Alibaba クラウド ID です。 12345678
requester_id リクエスト送信者の Alibaba クラウド ID です。 匿名アクセスの場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。 12345678
delta_data_size オブジェクトサイズのバリエーションです。 オブジェクトサイズが変更されない場合、このフィールドの値は 0 です。 アップロード以外のリクエストの場合、このフィールドの値はハイフン (-) です。 280

毎時のメータリングログ

このタイプのログは、ログ分析に役立つ特定のバケットの毎時の測定統計を記録します。 ログ生成とログ収集の間に数時間の遅延があります。

表 4. 毎時のメータリングログ
フィールド 説明
__topic__ ログ内のトピックの名前です。 このフィールドの値は oss_metering_log です。 -
owner_id バケット所有者の Alibaba クラウド ID です。 12345678
bucket バケットの名前です。 bucket123
cdn_in CDN のインバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
cdn_out CDN のアウトバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
get_request GET リクエストの数です。 123
intranet_in 内部ネットワークのインバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
intranet_out 内部ネットワークのアウトバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
network_in インターネットのインバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
network_out インターネットのアウトバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
put_request PUT リクエストの数です。 123
storage_type バケットストレージのタイプです。 バケットストレージのタイプと説明の詳細については、「バケットストレージタイプ」をご参照ください。 standard
storage バケットのストレージ容量 (バイト単位) です。 123
metering_datasize 非標準ストレージのメータリングデータのサイズです。 123
process_img_size 処理された画像のサイズ (バイト単位) です。 123
process_img 処理された画像の名前です。 123
sync_in 同期インバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
sync_out 同期アウトバウンドトラフィック (バイト単位) です。 123
start_time メータリング操作が開始したときのタイムスタンプです。 1518084000
end_time メータリング操作が終了したときのタイムスタンプです。 メータリングデータは 1 時間ごとに収集されます。 1518087600
region バケットが配置されているリージョンです。 cn-beijing
bucket_location バケットが配置されているクラスターです。 フィールド値の形式は oss-<region>-id です。 oss-cn-beijing-f

操作タイプ

表 5. 操作タイプ
操作 説明
AbortMultiPartUpload マルチパートアップロードを停止します。
AppendObject オブジェクトを追加します。
CommitTransition 移行をコミットします。
CompleteUploadPart マルチパートアップロードを完了します。
CopyObject オブジェクトをコピーします。
DeleteBucket バケットを削除します。
DeleteLiveChannel LiveChannel を削除します。
DeleteObject オブジェクトを削除します。
DeleteObjects 複数のオブジェクトを削除します。
ExpireObject オブジェクトを期限切れにします。
GetBucket オブジェクトを照会します。
GetBucketAcl バケットの権限を取得します。
GetBucketCors バケットの Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ルールを照会します。
GetBucketEventNotification バケットの通知構成を照会します。
GetBucketInfo バケットに関する情報を照会します。
GetBucketLifecycle バケットのライフサイクル構成を照会します。
GetBucketLocation バケットが配置されているリージョンを照会します。
GetBucketLog バケットのアクセスログ構成を照会します。
GetBucketReferer バケットのホットリンク保護構成を照会します。
GetBucketReplication クロスリージョンレプリケーション構成を照会します。
GetBucketReplicationProgress クロスリージョンレプリケーションの進行状況を照会します。
GetBucketStat バケットに関する情報を照会します。
GetBucketWebSite バケットの静的 Web サイトホスティングのステータスを照会します。
GetLiveChannelStat LiveChannel のステータスを照会します。
GetObject オブジェクトを読み込みます。
GetObjectAcl オブジェクトのアクセス制御リスト (ACL) を取得します。
GetObjectInfo オブジェクトに関する情報を照会します。
GetObjectMeta オブジェクトメタデータを照会します。
GetObjectSymlink シンボリックリンクが参照するオブジェクトの詳細を照会します。
GetPartData オブジェクトのすべてのパーツのデータを照会します。
GetPartInfo オブジェクトのすべてのパーツに関する情報を照会します。
GetProcessConfiguration バケットの画像処理構成を照会します。
GetService バケットを照会します。
HeadBucket バケットに関する情報を照会します。
HeadObject オブジェクトに関する情報を照会します。
InitiateMultipartUpload マルチパートアップロード用のオブジェクトを初期化します。
ListMultiPartUploads マルチパートアップロードイベントを照会します。
ListParts オブジェクトのすべてのパーツのステータスを照会します。
Options オプションを照会します。
PostObject フォームを使用してファイルをアップロードします。
PostProcessTask スナップショットの作成などのデータ処理操作をコミットします。
PostVodPlaylist LiveChannel のビデオオンデマンド (VOD) プレイリストを作成します。
ProcessImage 画像を処理します。
PutBucket バケットを作成します。
PutBucketCors バケットの CORS ルールを指定します。
PutBucketLifecycle バケットのライフサイクル構成を指定します。
PutBucketLog バケットのアクセスログを指定します。
PutBucketWebSite バケットの静的 Web サイトホスティングモードを指定します。
PutLiveChannel LiveChannel を作成します。
PutLiveChannelStatus LiveChannel のステータスを指定します。
PutObject オブジェクトをアップロードします。
PutObjectAcl オブジェクトの ACL を変更します。
PutObjectSymlink シンボリックリンクを使用してオブジェクトを作成します。
RedirectBucket リクエストをバケットエンドポイントにリダイレクトします。
RestoreObject オブジェクトを復元します。
UploadPart チェックポイントからのオブジェクトのアップロードを再開します。
UploadPartCopy パーツをコピーします。
get_image_exif 画像の Exif (Exchangeable Image File Format) データを照会します。
get_image_info 画像の長さと幅を照会します。
get_image_infoexif 画像の長さ、幅、Exif データを照会します。
get_style バケットの画像処理ルールを照会します。
list_style バケットのすべての画像処理ルールを照会します。
put_style バケットの画像処理ルールを作成します。

各操作の詳細については、「API 概要」をご参照ください。

同期リクエストタイプ

表 6. 同期リクエストタイプ
同期リクエストタイプ 説明
- 一般的なリクエストを示します。
cdn CDN からの back-to-origin リクエストを示します。

署名タイプ

表 7. 署名タイプ
署名タイプ 説明
NotSign リクエストが署名されなかったことを示します。
NormalSign リクエストが通常のサインで署名されたことを示します。
UriSign リクエストが URL 署名で署名されたことを示します。
AdminSign リクエストが管理者によって署名されたことを示します。

署名についての詳細は、「ユーザー署名の認証」をご参照ください。

バケットストレージクラス

表 8. バケットストレージクラス
ストレージクラス 説明
standard 頻繁にアクセスされるオブジェクト用のデフォルトのストレージクラスです。
archive オブジェクトをアーカイブするためのストレージクラスです。
infrequent_access アクセス頻度の低いオブジェクトのストレージクラスです。

各ストレージのタイプの詳細は、「概要」をご参照ください。