本ドキュメントでは、地理的な場所にまたがってデータを表示するようにポイントヒートマップレイヤー (データポイントレイヤーの一種) を設定する方法について説明します。

前提条件

ポイントヒートマップレイヤーの子ウィジェットが基本的なフラットマップに追加され、ウィジェットのパラメータが設定されます。 詳細については、「 マップコンテナ」をご参照ください。

構成プレーンの設定

  • Layer Opacity :スライダをドラッグするか値を入力して、レイヤー全体の不透明度を設定します。
  • Min Opacity :スライダをドラッグするか値を入力して、各ヒートサークルの中心の不透明度を設定します。
  • Radius :スライダをドラッグするか値を入力して、レイヤーの半径値を設定します。
  • Blur :スライダをドラッグするか、または値を入力してレイヤーのぼかし値を設定します。
  • Color Plate :表示されるヒートサークルリングの度合いを示す色を設定します。 Color 1 は外輪の色を示します。 Color 5 は内輪の色を示します。 詳細については、「 アイテム説明の設定」をご参照ください。

データプレーンの設定

  • lat :レイヤーの緯度を設定します。
  • lng :レイヤーの経度を設定します。
  • value :(オプション) レイヤーの重みを設定します。

インタラクションプレーンの設定

設定は必要ありません。