本ドキュメントでは、地理的な場所にまたがってデータを表示するために、散布図の点を使用してマップ上に散布レイヤー (データポイントレイヤーの一種) を設定する方法について説明します。

前提条件

散布レイヤーの子ウィジェットが基本フラットマップに追加され、ウィジェットパラメータが設定されます。 詳細については、「 マップコンテナ 」をご参照ください。

構成プレーンの設定

  • Default Options を設定します。
    • Callback ID :ウィジェット間でデータを関連付けるためのフィールドを設定します。 このフィールドはこのウィジェットのデータに属している必要があり、このパラメーターに設定できるフィールドは 1 つだけです。
      また、この機能は複数のフィールドを設定できる [Interaction] プレーン に追加されます。 さらに、この機能は [Configuration] プレーンから削除されます。 そのため、ウィジェットを最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。
    • Label[Eye] アイコンをクリックして散布図の点のラベルを表示または非表示にします。
      • Label Field :散布図の各点にラベルを付けるようにフィールドを設定します。 このパラメータ設定は、データプレーン内のデータのフィールドと一致する必要があります。 たとえば、このパラメータを name に設定すると、散布図の各点はが同じ ID を持つ name フィールドの値でラベル付けされます。
      • Label Color :ラベルの色を設定します。 詳細については、「 アイテム説明の設定」をご参照ください。
      • Shadow Color :ラベルの影の色を設定します。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。
      • Font Family :ドロップダウンリストからラベルのフォントファミリーを選択します。
      • Font Size[ + ] または [ - ] をクリックするかフォントサイズの値を入力して、ラベルのフォントサイズを設定します。
      • Label Position :ドロップダウンリストから値を選択して、対応する散布図の点に関連する各ラベルの位置を設定します。 使用可能な値は、 「Center」、「Top Center」、「Bottom Center」、「Left」、「Right」です。
    • 散布オプション
      • Data Mapping :散布図の各点の色とサイズをデータソース [value] フィールドを使ってその散布図の点と関連付けるには、このチェックボックスをオンにします。
      • Fill ColorMinValue ColorMaxValue ColorNoData Color の値を設定します。 これら 3 つのパラメータは、[Data Mapping] チェックボックスを選択した場合にのみ有効です。
        • MinValue Color は、データソースの [value]フィールドで最小値を持つ散布図の点の色を示します。
        • MaxValue Color は、データソースの [value] フィールドで最大値を持つ散布図の点の色を示します。
        • NoData Color は、データソースの [value] フィールドで値がない散布図の点の色を示します。

        散布図の点の [value] フィールドが最大値と最小値の間にある場合、散布図の点をその比例値に応じたグラデーションカラーとして表示します。

      • Scatter Size: MinValue SizeMaxValue SizeNoData Size の値を設定します。 これら 3 つのパラメータは、[Data Mapping] チェックボックスを選択した場合にのみ有効です。
        • MinValue Size は、データソースの [value] フィールドの最小値を持つ散布図の点のサイズを示します。
        • MaxValue Size は、データソースの [value] フィールドの最大値を持つ散布図の点のサイズを示します。
        • NoData Size データソースの [value] フィールドに値がない散布図の点のサイズを示します。

        散布図の点の [value] フィールドが最大値と最小値の間にある場合、散布図の点をその比例値に応じたサイズで表示します。

      • Outline Options :散布図の点の輪郭の色と幅を設定します。
    • Popup Options
      • Font Color :ポッポアップボックスのテキストの色を設定します。 詳細については、「アイテム説明の設定」をご参照ください。
      • Font Size :ポップアップボックスの文字の大きさを設定します。 詳細については、「 アイテム説明の設定」をご参照ください。
  • Series Options を設定します。

    [ + ] または [Trash Can] アイコンをクリックして、散布の種類を追加または削除します。

    • Filter Value :特定の種類の散布図の点をフィルタリングするには、 (データプレーンで指定された) タイプ値を入力します。 次に、この種類の散布図の点のアイコンスタイルを設定できます。
    • Icon Options :アイコンを使用してカスタムスタイルの散布図の点を表示するには、このチェックボックスをオンにします。 以下の Icon パラメータの設定ができます。アイコンの画像、アイコンのサイズ、アイコンの位置、アイコンに対するラベルのオフセット。 このチェックボックスをオフにすると、散布図の点は点として表示されます。 次に、散布図の点の色、サイズ、およびアウトラインを設定できます。 詳細については、「 デフォルトオプションの設定」をご参照ください。

データプレーンの設定

  • lat :散布図の点の緯度を設定します。
  • lng :散布図の点の経度を設定します。
  • type :散布図の点の種類を設定します。 次に、カスタムタイプの散布図の点のアイコンスタイルを設定できます。
    散布図のポイントになにも種類が設定されていない、またはその種類がが設定した種類に含まれていない場合、散布図のポイントは Default Options の設定に応じて [Configuration] プレーンでレンダリングされます。
  • info :散布図の点をクリックしたときに表示されるポップアップボックスのメッセージを設定します。
  • iconURL :カスタム散布図の点のアイコンの URL を設定します。
  • value :散布図の点の値を設定します。 このフィールドの設定は、 MinValue ColorMaxValue Color[Configuration] プレーンのScatter OptionsNoData Color 設定に関連しています。
  • name :散布図の点の名前を設定します。 このフィールドは、 [Configuration] プレーンの Label Field を散布図の点に設定するために使用します。
  • rotationAngle :(オプション) 散布図の点のアイコンの回転角度を設定します。 このフィールドは、 Configuration プレーンの [Series Options][Icon Options] を選択した場合にのみ有効になり、アイコン設定を構成できます (たとえばデータプレーンでカスタムアイコン画像のアップロードや iconUrl を設定できます)。

インタラクションプレーンの設定

ウィジェットのインタラクション機能を有効にするには、 [Enable] のチェックボックスを選択します。 この機能を有効にすると、散布図の点をクリックしたときにコールバック値が表示されます。 デフォルトでは、 lnglat フィールドが表示されます。 詳細はについては、「 Configure callback IDs for ticker boards」をご参照ください。